プログラミングブロック「Apitor」

先日、Makuakeというクラウドファンディングのサイトで買い物をしました。
18種類のロボットを作って動かすブロック「Apitor」です。

apitor (1)

プログラミング教育が必修化されるお話を聞いたり、街中でプログラミング教室がいくつもできていたりして、気になっていたんです。
レゴと互換性があるということで、長く楽しめたらと思って購入を決めました。
開封してみると、とても多くのパーツが入っていて、気を付けていないとすぐに無くしてしまいそう。
別のケースに入れて保管した方が良さそうな感じです。

apitor (2)

こちらが組み立ててみたジープ。
iPadに専用アプリがあって、そちらで組み立て方法を見ながら作ることができます。
小学校高学年の子供は1時間程度で完成させていました。

apitor (3)

こちらがiPadの専用アプリの画面で、ビジュアルプログラミングでロボットの動きを制御できます。
文字を打ち込むのではなく視覚的に操作できるので子供でも使いやすいみたい。
小学校で文科省のプログラミンをやっているおかげで、使い方にはすぐに慣れたようでした。

apitor (4)

現在は楽天市場で購入できます。