続・自動車買取のお話

2019年2月27日

我が家で最初に契約したB社は、他社より高く売れたという口コミをよく見ます。
しかし、我が家に限っては、B社の2倍以上の査定額をA社より提示されることとなりました。
違約金を支払ってもB社よりプラスになるので、そちらで買い取っていただくことに。

sms

こちらはSMSのスクリーンショットですが、2月21日(木)、B社ホームページからの申し込み直後に電話があって、電話でそのまま契約の流れとなりました。
2月22日(金)には書類発送の連絡がありました。
キャンセルの連絡を入れたのは2月23日(土)、このとき違約金の支払いに関する書類を送る旨を伝えられました。

そして・・・2月22日(金)に発送されたという書類が届くことなく、「キャンセル料金ご請求の件」という2月23日(土)付けの郵便物が2月26日(火)に届きました。
契約に係る書類、発送しましたと連絡があったものの実際には発送されておらず、発送直前にこちらからのキャンセルが入ってしまったのかもしれませんね。

car

この「キャンセル料金ご請求の件」には、3月1日(金)までに振り込むこと、支払期限日までに入金が確認できない場合には大阪地方裁判所を指定し法的処置にて請求する場合があるとの内容が記されています。
郵便物の到着日から考えると、訴訟を示唆することで日数に余裕のない支払期限日から逃げられないようにしているような印象を受けてしまいます。

もちろん、キャンセル料金が発生することを承知の上でキャンセルしたのはこちらなのですから、支払う義務があります。
とはいえ、発送したという書類が一向に届かず、法的処置の可能性に触れた「キャンセル料金ご請求の件」が届けられたことによって、こちらが不信感や良くない印象を持つことになってしまったのは否めません
電話の応対は丁寧で良かったですし、他社より高く買い取ってくれるとの口コミがあるくらいですから、決して悪い会社ではないと思うだけに、ちょっぴり残念な出来事でした。