有鹿神社について

20170212 (1)
2017年2月12日撮影

有鹿(あるか)神社は神奈川県海老名市に鎮座し、その歴史は縄文時代にまで遡るといわれる神奈川県最古の神社です。
地域の方々には「お有鹿様」と呼ばれ親しまれ、崇敬されています。

有鹿神社は本宮、中宮、奥宮からなり、本宮と中宮は海老名市に、奥宮は相模原市の勝坂にある有鹿谷に鎮座しています。
御祭神は有鹿比古命(アルカヒコノミコト)と有鹿比女命(アルカヒメノミコト)で、記紀にその名が見られない神々。

鎌倉時代には朝廷より正一位を賜ったという歴史と由緒のある、有鹿神社。
その昔は、別当寺である総持院を含め広大な社地を誇っていたといいますが、室町時代の戦乱で焼かれ、また有鹿神社を崇敬し海老名耕地を支配する海老名氏が足利持氏との戦いで滅亡したことにより、美麗な社殿や広大な社地は失われてしまいます。

しかし、その信仰は絶えることがなく、天正19年(1591年)には徳川家康より朱印十石の寄進を受け、元和8年(1622年)には高木主水の内室により、社殿が再建されました。
明治6年(1873年)には県社に列せられたものの海老名の総鎮守として郷社にとどまり、明治43年(1910年)には神饌幣帛料供進社に指定。

第2次世界大戦後には、宗教法人として神社本庁の参加に属し、氏子・崇敬者の支援のもと境内や建物等の整備が進められ、現在に至ります。

なお、アルカとは水を意味する言葉で、有鹿は当て字、有鹿神社と鹿とは直接の関係がないそうです。

※有鹿神社は私ではなく夫がよく参拝している神社で、もしかしたら間違ったことを書いてしまっているかもしれませんので、お気づきの方はご指摘くださいませ。

本宮

本宮の鎮座地は、海老名市上郷1-4-41。
厚木駅からは徒歩10分ほど、海老名駅からは徒歩15分ほどのところに位置しています。

本宮の御祭神は有鹿比古命。
本殿と拝殿天井にある龍の絵図は、それぞれ海老名市の有形文化財に指定されています。

20170825
2017年8月25日撮影

20170903 (1)
2017年9月3日撮影

グーグルマップ

35.4536, 139.37731

※地図は正確でない場合があります。

奥宮

奥宮のある相模原市勝坂の有鹿谷には水が湧き出ている有鹿泉があり、これが有鹿信仰の源で、なんと縄文時代から信仰されていたそうです。
国指定史跡となっている勝坂遺跡公園には縄文時代の遺跡があり、近くには4世紀頃の祭祀遺跡もあるとのこと。

奥宮の御祭神は、有鹿比女命です。

20170611 (1)
2017年6月11日撮影

20170611 (2)
2017年6月11日撮影

グーグルマップ

35.50815, 139.38769

※地図は正確でない場合があります。

パンダ宮司代理

Twitterでのあるユーザーさんのつぶやきがきっかけとなり、インターネットを中心に話題となったパンダ宮司代理。
テレビ神奈川の『テレビのあっぱれ!KANAGAWA大行進』を皮切りにいくつものメディアに紹介されています。

中の人(?)は、禰宜の小島実和子さん。
禰宜というのは神職の職階のひとつで、宮司に次ぐ偉い方なんです。

20170903 (4)
2017年9月3日撮影

小島さんはTwitterで有鹿神社の紹介をしており、そこで神社を紹介するキャラとしてパンダのパペットを使用していました。
それを見た人テレビ局の方が取材を申し込んだのですが、人が入っていると勘違いしていたようで、パペットを見てがっかり。
これがきっかけで、パンダの被りもの(通称、パンダヘッド)を作成することになったそうです。

20170903 (5)
2017年9月3日撮影

有鹿神社は神職が常駐している神社ではなく、いつ行ってもパンダ宮司代理に会える、というわけではないとのことです。
事前に連絡をするのが確実ですので、ご参考までに。

有鹿神社公式サイト
https://www.arukajinja.jp/

グーグルマップ

35.4536, 139.37731

※地図は正確でない場合があります。

御朱印

本宮

【海老名市】有鹿神社(鹿)

【海老名市】有鹿神社

奥宮

【相模原市】有鹿神社(奥宮)